サービスマネジメントについて

  1. 基本理念
    ­ 横浜国立大学情報基盤センター(以下、「当センター」という。)は、横浜国立大学が、21世紀における世界の学術研究と教育に重要な地歩を築くために、安心で安全な高品質のITサービスの提供を実現します。
     当センターは、その実現に向けて JIS_Q20000-1: 2012 ( ISO/IEC20000-1:2011 ) 規格に準拠したサービスマネジメントシステムを構築し、サービスレベルの向上と利用者の満足度の向上を図ることを目指します。
     このサービスマネジメントシステムが、有効的かつ安定的に維持・運用できるよう、次のとおりサービスマネジメント方針を定めます。
  2.  

  3. 基本方針
    1) サービスマネジメントシステムの維持と継続的な改善
     当センターは、利用者(学生、教職員等)の要求に対応するサービスを提供するため、具体的なサービス目標とサービスマネジメント計画を策定し、計画で定めた事項の実施状況を定期的に点検・評価し、サービスマネジメントの有効性を継続的に改善します。

    2) 法令遵守
     当センターは、サービスマネジメントの運用に関して、関連法令及び規制並びに大学規則を遵守します。

    3) サービスマネジメント教育の実施
     当センターは、関係するすべての者(法人役員、教職員、委託会社など)に対して、本方針を周知するとともに、定期的かつ適切な教育を実施し、サービスマネジメントシステムの有効性を確保します。

    4) 情報セキュリティの確保
     当センターは、別途定める情報セキュリティ基本方針に則り、サービスに関わる情報セキュリティを確保します。

 

平成28年 3月15日
横浜国立大学情報基盤センター長