eduroam接続設定 – Windows 8 / 10 編

Windows 8 (8.1含む) / 10 で eduroamに接続するための、設定手順を説明します。画面はWindows 8.1 のものです。

設定手順

  1. 以前に eduroam に接続していて不調になった場合は、最初に以下の方法で eduroam のネットワーク設定を削除してください。
    YNU Wi-Fi 設定 / eduroam 設定の削除方法
  2. タスクバーにあるネットワークのアイコンをマウスで右クリックし、 「ネットワークと共有センターを開く」を選択します。
    (ネットワークのアイコンが見当たらない場合は、 無線LANアダプタが正常に動作していない可能性があります)
    wlan-icon
  3. 「ネットワークと共有センター」のウィンドウが開いたら、 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。
    netcenter
  4. 「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択し、 「次へ(N)」のボタンをクリックします。
    wlan-manual
  5. ネットワーク名に「eduroam」とタイプします。
    セキュリティと暗号化の種類は、WPA2エンタープライズ/AES の組み合わせになります。
    「この接続を自動的に開始します」のチェックを外します。
    「次へ」をクリックします。
    eduroam-setup
  6. 「正常にeduroamを追加しました」の表示が出たら、 「接続の設定を変更します」を選択します。
    (eduroamの設定が既存の場合は、ここでエラーになります。 この場合は、タスクバーのネットワークアイコンを左クリックし、 eduroamの所で右クリックし 「接続プロパティを表示する」を選ぶと、以降同じウィンドウが出ます)
    eduroam-mod
  7. 「セキュリティ」タブを選択し、 「保護されたEAP(PEAP)」を選択してから、 「設定」ボタンをクリックします。
    peap-conf
  8. 「保護されたEAPのプロパティ」の中で 「証明書を検証してサーバーのIDを検証する」のチェックを外します。
    「認証方法を選択する」の中で「セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)」が選択されていることを確認します。
    「高速再接続を有効にする」のチェックを外します。
    「構成」をクリックします。
    server-cert1
  9. 「Windowsのログイン名とパスワード・・・」のチェックを外して、「OK」をクリックします。
    server-cert2
  10. 「保護されたEAPのプロパティ」のウィンドウの「OK」をクリックして閉じます。
    server-cert3
  11. 「詳細設定」ボタンをクリックします。
    conf-detail
  12. 「詳細設定」のウィンドウで、「認証モードを指定する」にチェックを入れ、 「ユーザ認証」を選択します。
    conf-detail2
  13. OKボタンをクリックして、「詳細設定」と 「eduroamワイヤレスネットワークのプロパティ」の ウィンドウを順次閉じます。
  14. タスクバーのネットワークアイコンを 左クリックし、「eduroam」の所を左クリックして、「接続」をクリックします。
    wlan-icon-2