Adobe製品の認証方式変更について

Adobe社アプリケーションのインストールにあたっては、これまで本学はシリアルライセンス認証による運用を行っておりましたが、以下の理由からAdobe ID認証(以下、「ID認証」)による運用に切り替えましたので、Adobe 製品の利用ページから申請を行ってください。(移行スケジュールはこちら

  • Adobeがシリアルライセンス認証方式を終了する方針であり、契約上、本学のシリアルライセンス認証は2021年3月をもって終了しなければならないため。
  • シリアルライセンス認証ではAdobe CC 2018までしか利用できないため(ID認証は最新版のAdobe CC 2020が利用可能)。

なお、既にインストール済みのものも含め、シリアルライセンス認証でインストールしたアプリケーションは2021年3月までにアンインストールする必要があります

【ID認証とは】

インストール時ではなく、アプリケーションの利用時にID・パスワードで認証する方式です。本学の運用ではYNUメールアカウント(教職員の場合、姓-名-英字2文字@ynu.ac.jp)で認証することが必要です。なお、ID認証には二種類の形態があり、インストールするプログラムが異なります。詳細は別紙のライセンス比較表をご覧ください。

 

【注意事項】

  • ID認証がご利用いただけるOSはWindows10及びMac OS X 10.12以降のみです。それ以前のOSを使用している場合、2021年3月までシリアルライセンス認証をご利用ください。
  • ID認証ではAdobeのアプリケーション利用時にはOffice365にYNUメールアカウントでのサインインが必要ですので、インターネットに接続されていない機器では利用できません。また、多要素認証の初回設定が完了していないYNUメールアカウントについては、サインインブロックをしております。ブロックされている場合は、Adobeのアプリケーションをご利用いただく前に情報基盤センターへご連絡ください。
  • ID認証への切り替えを行うにあたり、個々のPCでアプリケーションのアンインストール及びライセンス情報を削除する作業が必要となります。
    切り替え時に不具合が発生するケースがあり、通常のインストール作業に比べ所要時間が長くなる可能性がありますので、時間に余裕をもって申請及び作業をおこなってください。
  • Adobeと本学との包括契約期間(3年間)は2021年3月をもって満了し、2021年度以降の契約に関して現時点では未定です。個々のPCをID認証に切り替えたとしても、2021年4月以降に契約が継続されなかった場合、アプリケーションは利用できなくなります。
  • インストール申請が行えるのは教職員のみです。学生は申請できません。
  • 研究室等で共有デバイスライセンスのアプリケーションをPCにインストールする場合には、製品の利用にあたってYNUメールアカウントでのサインインが必要になる旨、利用者にご周知ください。

itsc-cms