教職員-学生間のOffice365「Teams」の利用について

これまで、学生のYNUメールアカウントではOffice365のコラボレーションツールである「Teams」を利用することができませんでしたが、教職員と学生の間でOffice365のTeamsを利用したいという要望が寄せられていることから、教職員の作成したチームに学生をメンバーとして招待するためのゲストアクセスという機能を利用できるようにいたしました。同じ@ynu.ac.jpドメイン内のユーザーと共にTeamsを利用する場合に比べて制約のある部分もありますが、ぜひご活用ください。

以下は、学生との間でTeamsを利用する場合の注意事項です。必ず内容をご確認いただいた上でご利用ください。

  •  機密情報漏洩などを防ぐため、以下のことは厳守してください
    • 既存のチームは利用せず新たなチームを作成してください。
    • チーム内に個人情報ファイル等の機密情報を保存しないでください。
    • @ynu.jp(学生用YNUメール)以外のユーザーをゲストアクセスで招待しないでください。
  • チームに招待された学生同士はチーム内でメールアドレスを検索可能な状態となりますので、メンバー追加にあたっては予めそれぞれの学生の同意をえてください。
  • メール等の基幹的なサービスとは異なり、情報基盤センターのサポート提供は限定的となります。お問い合わせをいただいても十分な回答が出来ない場合がありますので、予めご了解ください。
  • 利用者間で何らかのトラブルが生じた場合、情報基盤センターは関知しませんのでチームを作成した管理者が責任者となってトラブルを解消してください。
  • Teams内の一部の機能については予告なく変更される場合がありますのでご承知おきください。

学生をチームに招待して利用する手順は、以下のとおりです。

  1. 教職員がTeamsで新規チームを作成する。
  2. チームを作成した管理者は、招待する学生のメールアドレス(~@ynu.jp)をメンバー追加する。
  3. 招待された学生はリンクをクリックし手順に従って進めると、チームのメンバーとして登録が完了する。
  4. メンバーとなった学生はブラウザもしくは専用アプリ(PC/スマートフォン)を使用してTeamsを利用することができる。