Googleグループをお使いの教職員・学生の皆様への注意喚起

Google が提供するGoogleグループ(メーリングリストやディスカッショングループのサービス)は、そのデフォルトの設定が、『全ての情報(メールの内容、ディスカッションの内容)をインターネットに一般公開する』になっています。このため、グループ管理者自身で閲覧者制限を行っていない場合、内部向け情報等も含めて、誰もが自由にグループの投稿内容を閲覧できてしまいます。
Google グループをお使いの皆様におかれましては、自身が利用しているGoogleグループにおいて、グループ内部向け情報が一般公開されてないかどうか、定期的に確認して頂きますようお願いします。
また、グループへの参加やグループの連絡先公開も初期設定では「一般公開」となっていますので、適切なアクセス権限が設定されているか定期的に確認して下さい。

閲覧者制限やアクセス権限の設定方法は、Googleグループの管理画面 の

[権限]  ==>   [基本的な権限]  ==>  [投稿権限]  ==>    [アクセス権限]

の中にある各設定項目において、[ユーザのグループを選択]欄から[一般公開]のチェックを外すことで、権限をグループメンバーに限定することができます。