情報基盤センターにおけるPC教室等の割当に関する基本方針

平成23年11月21日 情報基盤センター長裁定
第1 目的
  1. この基本方針は,情報基盤センター(以下「センター」という。)のPC教室等(以下「教室」という。)及び各部局に設置のサテライト教室(以下「サテライト教室」という。)を講義及び演習で使用する場合の時間割の割当について定めるものとする。
第2 教室範囲
  1. この基本方針に規定する教室は,センター所有のAからF教室およびMAC室とする。(H26年度からはAからG教室となります。)
第3 基本事項
  1. 講義及び演習でセンターの教室を使用する者は,センターが実施する「利用希望調査」時に申請しなければならない。
  2. 第1項で申請のあった科目のうち,今年度の時間割で割当られている科目については,来年度も優先して教室を割当てる。
  3. 第1項で申請のあった科目のうち,今年度の時間割で割当られていない科目については,第4の優先順位に従って割当てる。
第4 優先順位
センターにおける教室の割当に関する優先順位は,以下のとおりとする。

  1. ライセンス管理のアプリケーション使用の有無
  2. 利用者数 (前年度実績などの見込み数 (申請の際に申告))
  3. 教養科目
  4. 複数学部共通科目
  5. 必修/選択
  6. 自部局サテライト教室の有無
  7. 学生の所属する学部の講義棟からの距離
第5 サテライト教室
  1. サテライト教室は,所属部局の授業による利用を最優先とする。
  2. センターの教室がすべて利用されていて,サテライト教室が空いている場合には,センターからの授業による利用を優先する。
第6 雑則
  1. この基本方針に定めるもののほか,教室及びサテライト教室を講義で使用する場合の時間割の割当については,センター及び申請者並びにサテライト教室管理者等が話し合いの上決定する。
附則
この基本方針は,平成23年11月21日から運用する。