Microsoft Teams

Teamsはグループで連絡や会議などを行ったり、情報を共有できるミーティングツールです。
授業やゼミ等で使用することもあります。
なお、教職員テナントの内の学生はゲストユーザーとなりますので一部機能が制限されます。

マニュアル等

利用方法は以下のユーザー向けマニュアル等をよくお読みください。

Teamsについて詳細を知りたい場合は、「Microsoft Teams の制限事項と仕様」をご確認ください。

Teams 利用注意事項

以下は、学生との間でTeamsを利用する場合の注意事項です。必ず内容をご確認いただいた上でご利用ください。

  • Windows11のTeamsアプリについてのご注意
  • 情報の取り扱いには十分に注意し利用して下さい。
    • 教職員「情報格付けに係る取扱いガイドライン」を参照して下さい。
  • 学生「ynu.jp」テナントでは、外部ユーザー(教職員等)を招待できません。
  • 学生「ynu.jp」テナントでは、ynu.jpでサインインした学生以外は参加できません
  • 教職員学生とチャットでやりとりすることはできません。送信できたように見えますが、学生にチャットは届きません。
  • メール等の基幹的なサービスとは異なり、情報基盤センターのサポート提供は限定的となります。お問い合わせをいただいても十分な回答が出来ない場合がありますので、予めご了解ください。
  • 利用者間で何らかのトラブルが生じた場合、情報基盤センターは関知しませんのでチームを作成した管理者が責任者となってトラブルを解消してください。
  • Teams内の一部の機能については予告なく変更される場合がありますのでご承知おきください。

学生教員のチームへの参加方法

  1. Teamsアプリ(ブラウザ版)を開く
  2. ブラウザで利用する場合、一部の機能に制限がありますので、デスクトップアプリの利用をお勧めします。

  3. 授業やゼミで利用する
  4. チームに招待してもらう必要があります。詳細は担当教員にお問い合わせ下さい。
    先生が授業やゼミのために作成したチームは、「ゲスト」テナントから表示できます。

      【テナントの切り替え方法】
       1.右上のアイコンをクリック
       2.「YNU(ynu.ac.jp)」を選択

教職員学生の招待手順

学生をチームに招待して利用する手順は、以下のとおりです。

  1. 教職員がTeamsで新規チームを作成する。
  2. チームを作成した管理者は、招待する学生のメールアドレス(~@ynu.jp)をメンバー追加する。
  3. 教職員テナント(ynu.ac.jp)に学生がゲストとして登録済の場合
    ユーザー名に(ゲスト)とついたアカウントが表示されるので、選択して追加ボタンを押してください。

    教職員テナント(ynu.ac.jp)に学生がゲストとして未登録の場合
    候補が表示されません。YNUメールアカウントを最後まで入力し、[~~@ynu.jpをゲストとして追加]を選び、追加ボタンを押してください。

  4. 招待された学生は受信メールのリンクをクリックし、手順に従うとチームメンバーとして登録が完了する。
  5. メンバーとなった学生はブラウザもしくは専用アプリ(PC/スマートフォン)を使用してTeamsを利用することができる。
  6. ※正常に学生が登録されなかった場合は、【お問い合わせ】までご連絡ください。

教職員会議の開催・利用について

  • Teamsには3種類の会議があり、会議によって制限が異なります。
    各会議の違いは以下の通りです。

    種類 参加
    人数
    制限
    時間
    クラウド
    録画保存
    備考
    会議 1,000
    (※1)
    24 最大1TB
    (※2)
    ・ミーティングIDとパスワード使用で招待ボタン省略可
    ウェビナー 1,000 33.5 最大1TB
    (※2)
    ・参加申し込みフォーム作成機能
    ・投票機能
    ・双方向通話
    ライブ
    イベント
    10,000 4 最大1TB
    (※2)
    ・参加者側の発信はチャットのみ
    ・同時開催15件まで
    ・タイムラグ30秒程度
    ※ 2024.9.30廃止予定
    Google
    Meet

    (※3)
    100 24 録画不可 ・組織外(gcl.ynu.ac.jp以外)は承認必須
    ・ブレイクアウトルーム不可
    ・文字起こし不可

    ※1 利用できるライセンスにより上限は異なります。A1は300。
    ※2 利用できるライセンスにより上限は異なります。
    ※3 gcl.ynu.ac.jpテナント エディション:Education Fundamentals

  • どの会議を利用すればよいかわからない場合は、以下の利用例を参考にしてください
    利用例 内容
    イベント配信(学内) 参加者数、参加者との対話方法によって、最も適したTeamsの機能を選択。
    イベント配信(学外) Teamsのウェビナーまたはライブイベント機能利用。
    アカウントを持たない一般参加者は「匿名で参加」ボタン。
    演説会等 Teamsウェビナー機能利用。
    双方向での音声通話が1,000人まで可能。
  • 各会議の開催・参加手順はマニュアルを確認してください。
  • 会議、ウェビナー、ライブイベントの詳細を知りたい場合は、Microsoftの説明ページをご確認ください。

,