Windows用ApexOne切り替え(再インストール)のお願い

2022年4月25日

教職員、学生の皆様

本学が包括契約しているセキュリティ対策ソフトであるトレンドマイクロ社製Apex One(Windows版)をご利用の皆様に対する連絡となります。

【連絡内容】

     2022年度から、本学が包括契約しているトレンドマイクロ社製Apex Oneの契約内容を 、クラウドサービス型のApex Oneである 「 Apex One SaaS 」 に変更しました。
     この契約変更により、インストール対象機器、ダウンロード・インストール方法が以下のように変更となりました。

    [1] インストール対象機器

     学内設置PC、及び、学内への持ち込みPCに加えて、自宅設置PC(学内に持ち込まないPC)へのインストールも可能となりました。

    [2] ダウンロード・インストール方法

     Apex Oneのダウンロード・インストールは、当センターが学内で運用しているApex One管理サーバからではなく、トレンドマクロ社のクラウドサービスから直接、ダウンロード・インストールします。

     ついては、2022年3月23日以前にApex Oneをインストールした方(当センターが運用するApex One管理サーバからApex Oneをダウンロード・インストールした方)は、以下の手順で、2022年8月26日(金)までに、トレンドマイクロ社のクラウドサービス上で提供している Apex One  に切り替えて(再インストールして)ください。

     なお、トレンドマイクロ社のクラウドサービス上で提供されているApex Oneは、Windows 11にも対応しております。

      1) PCにインストールされている Apex One をアンインストールする。

      2) PCを再起動する。

      3) ※ Windows 10 ==> windows 11 へのアップグレードを行う方は、このタイミングで行ってください。
      ( Windows 11 へのアップグレードを先に行ってください。)

      4) 情報基盤センターウェブサイト ( www .itsc . ynu . ac . jp )

        ==> トップページ ==> セキュリティソフト

        に記載されている手順に従って、 Apex One のダウンロード・再インストールを行う。

        ※ インストールパッケージの配布に関しては、配布対象を本学教職員・学生のみに限定する必要があることから、YNUメールアカウントでOffice365にサインインし、Office365上のOneDriveの共有を通じて、ダウンロードできるようにしておりますのでご注意ください。

      5) Apex One をインストール後、PCを再起動する。

        ※ 切り替え期日は、2022年8月26日(金)ですので、急いで切り替える必要はありません。
        お時間のある時で構いません。

    [重要: 自宅PCへのApex One新規インストールに関して]

     上述の通り、2022年度契約より、自宅設置PCにもApex One をインストールすることが可能となりました。

     ただし、自宅PCへの Apex Oneのインストールは必須ではありませんので、すでに、他のセキュリティ対策ソフト( ウィルスバスター, ノートン , マカフィー , ESET 等 )をお使いの場合は、無理に Apex One に切り替える必要はありませんが、Apex Oneの新規インストールを希望する方は、現在お使いのセキュリティ対策ソフトをアンインストールし、PCを再起動した後に行ってください。

     他のセキュリティ対策ソフトがインストールされている状態で、Apex Oneをインストールした場合、インストール後のOS起動中にブルースクリーンになってしまったり、OSが起動しても、動作が不安定となってしまうなどの重度の不具合が発生します。

     このような不具合が発生した場合、最悪の場合、OSを初期化するしか対応手段がないこともありますので、十分にご注意ください。

Apex Oneのダウンロードについては、以下の情報基盤センターウェブサイトのページもご参照ください。
《セキュリティソフトの配布》:https://www.itsc.ynu.ac.jp/security/vb_haifu.html

関連記事

,