eduroamの利用について

本学は、大学等教育研究機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現する国立情報学研究所(NII)のサービスである『eduroam JP』に加入しております。
このため、本学に所属する教職員・学生は、『YNUログインID』を利用して、国際無線LANローミング基盤 eduroamを利用することが可能となっています。
eduroamの利用は、本学内のeduroam無線LANはもちろん、他のeduroam加入機関のeduroam無線LANを利用することも可能です。

※ 他のeduroam加入機関や、edruroam 基地局マップは、本説明末尾に記載しているeduroamのウェブサイトに掲載されています。

※ eduroamに加入している他機関の来訪者が、本学のeduroamを利用することも可能です。

※ eduroamへの初回接続時には本学(横浜国立大学)内から接続を行い、正しく接続できるか試してください。(訪問先で初めて接続を行うと、接続できない場合の問題の切り分けが困難になるため)。

以下に、eduroamの利用方法と注意事項を記載ますので、事前にご一読の上、ご利用ください。

eduroamの利用方法(本学教職員・学生の場合)

ESSID eduroam
認証方式 WPA2-エンタープライズ (802.1x) + PEAP (MSCHAPv2)
暗号化の種類 AES
サーバ証明書 使用しない
端末(ユーザ)証明書 使用しない
ネットワーク設定 自動取得
利用者ID 『YNUログインID名』+ 『@ynu.ac.jp』
(例) YNUログインIDが yokohama.t-abc の場合、Eduroam用利用者IDは、yokohama.t-abc@ynu.ac.jp となります。学生の場合、b1234567@ynu.ac.jpとなります。
[注意] メールアドレスの形式をしていますが、メールアドレスを入力するのではなく、YNUログインID名+ @ynu.ac.jp の形式で入力してください。
利用者パスワード YNUログインIDのパスワード
eduroamが利用可能な場所 eduroam JP
学内の無線LANアクセスポイント
無線LAN端末の設定方法 Windows 8 / 10 の場合
Mac OS Xの場合
モバイル端末の場合

 

本学キャンパスにおけるeduroam利用上の注意事項

  1. ネットワークについて
    eduroamは国際無線LANローミング基盤であるため、学内教職員・学生だけでなく、他機関の来訪者も利用可能な運用としております。従って、eduroamネットワークは本学のゲスト用ネットワークとして構築しているため、eduroamを利用して学内LANに接続することはできません
  2. 通信制限について
    基本的には通信制限は行っておりませんが、以下の通信を行うことはできません。

    1. ゲスト用ネットワークとして構築しているため図書館の電子ジャーナル・オンラインデータベースを利用することはできません。
    2. 学外への25番ポート(SMTP) 接続
      ※ 学内規則により、Outbound 25 port Blocking を実施しています。
    3. NAPTでは不可能な通信(例えば、テレビ会議等)
      ※ 利用者側無線LAN端末には、プライベートアドレスを割り当てています。
  3. セキュリティインシデントが発生した場合
    1番目に責任を負うのは、インシデントを発生させた利用者本人ですが、次に責任を負うのは、訪問先機関ではなく、アカウントを発行した機関となります。つまり、本学の教職員・学生が学外の訪問先で eduroam を利用した状態でセキュリティインシデントを起こした場合は、本学側が責任を負うことになります。このため、セキュリティインシデントが発生した場合は、当該アカウントは即時停止します。
  4. Sharp製のスマートフォンの場合、認証局の証明書(CA証明書)をインストールする必要があります。
    認証局の証明書(CA証明書)
    以下のサイトにアクセスし、CA証明書のファイルをダウンロードしインストールしてください。

参考情報

eduroam ウェブサイト http://www.eduroam.jp/