Microsoft 365 ~FAQ~

Microsoft 365のよくある質問をまとめています。
あてはまる質問をクリックして回答を確認してください。

※当センターでは「Microsoft 365 Apps for enterprise」を「Microsoft 365 デスクトップ版」と呼称します。
▼多要素認証(MFA)、2段階認証のリセット及びバックアップコードが必要な例

  • スマートフォンを機種変更した
  • 電話番号が変わった(海外へ渡航・家族の契約から独立など)
  • 認証時に電話がかかってこない
  • 認証アプリ(Authenticator)のコードを入れても認証できない
  • 認証時に電話で「#」を押してもサインインできない(Microsoft 365)

 学生で学内に来ることができる方はパスワード発行機を利用してください。

サインインできない

スマートフォンを機種変更してサインインできなくなった
多要素認証(MFA)の案内ページを確認してください。
電話番号が変わってサインインできなくなった(海外へ渡航など)
多要素認証(MFA)の案内ページを確認してください。
認証時に電話がかかってこないのでサインインできなくなった
マイクロソフトの不具合により、電話がかかってこないケースが多数報告されています。基盤センターでは、認証アプリ(Authenticator)を推奨しています。
多要素認証(MFA)の案内ページを確認してください。
認証時に電話で「#」を押してもサインインできなくなった
マイクロソフトの不具合により、電話がかかってこないケースが多数報告されています。基盤センターでは、認証アプリ(Authenticator)を推奨しています。
多要素認証(MFA)の案内ページを確認してください。
認証アプリ(Authenticator)のコードを入れても認証できなくなった
多要素認証(MFA)の案内ページを確認してください。
認証アプリ(Authenticator)に「操作が必要 このアカウントの回復を完了するには、組織から提供されたQRコードをスキャンしてください」と表示される




スマートフォンを機種変更等したこと等により、端末の引き継ぎが行われておりません。多要素認証(MFA)のリセットが必要です。
YNUメールアカウントがわからない
【YNUアカウント管理システム】YNUログインIDでログインしてください。プロフィール画面にYNUメールアカウントが記載されています。
YNUメールアカウントのパスワードがわからない(以前利用したことがある)
YNUメールアカウントのパスワードリセット申請を行ってください。
YNUメールアカウントのパスワードがわからない(はじめて利用する)
【YNUアカウント管理システム】YNUログインIDでログインしてください。初期パスワードが記載されています。
Outlook(Microsoft 365)にサインインしたい
情報基盤センターWebサイトTOPページの「Microsoft 365」のアイコンをクリックするか、【Microsoft 365】 https://portal.office.com/ にアクセスしてください。
Outlook(Microsoft 365)のサインイン時に聞かれる、コードとはなんのことですか?
YNUメールアカウントを初回設定された際に、スマートフォンにインストールされた「Microsoft Authenticator」というアプリに表示されるコードです。スマートフォンを変更されたり、コードを入力してもエラーとなる場合には多要素認証のリセット申請を行ってください。
Outlook(アプリ版、Web版)のサインイン時に「問題が発生しました 組織によってこのデバイスが削除されました。(エラーコード「700003」)」というエラーが出てサインインできない
ライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。
うまくいかない場合は、お問い合わせください
YNUアカウント管理システムでパスワードを確認したのにサインインできない
【YNUアカウント管理システム】には初期パスワードが表示されます。ご自身で設定されたパスワードが不明な場合はパスワードリセット申請を行ってください。
教職員前任者のアカウントが求められる(表示される)
サインアウトし再度サインインしてください。解決しない場合はこちらの手順をお試しください。

うまくいかない場合は、お問い合わせください

多要素認証が設定できない

多要素認証の初回設定方法がわからない
多要素認証の初回設定から手順を確認してください。
多要素認証の設定を追加・変更したい
多要素認証の追加・変更設定から手順を確認してください。
多要素認証をリセットしたい
多要素認証のリセット申請を行ってください。

サインイン中のアカウントがわからない

サインイン中のアカウントがわからない
サインイン中のアカウント確認方法から利用中のアカウントを確認してください。

Teams関連

学生教員が作成したTeamsのチームに招待されたが学生が参加できない
教員からセンターに問い合わせるよう依頼してください。
教職員教員が作成したTeamsのチームに学生を招待したが参加できない
こちらから学生の招待手順を確認してください
手順通りに行っても招待できない際は、教員からセンターにお問い合わせください。お問い合わせの際は、チーム名と参加できない学生のYNUメールアカウント情報を記載してください。
ゲスト参加のチャットでメッセージにファイル添付できない
チャットでゲストはファイル添付できない仕様となっております。こちらの「チーム メンバーとゲスト機能」の表を参照してください。

代替え方法として、OneDriveからの共有リンクを貼り付けることで同様のことができます。こちらの「[リンクのコピー] を使用して共有する」を参照してください。

※ 上記のリンク設定では、学生は[ リンクを持つすべてのユーザーが編集できる ] は選択できません。

教職員ウェビナーやライブイベントで、学生を【出席者】以外の役割で登録したい
教職員が作成したウェビナーやライブイベントは、以下のように学生を特別な役割に登録できます。

  • ウェビナー…【発表者】として登録可能(【共同開催者】は不可)
  • ライブイベント…【プロデューサー】、【発表者】として登録可能

メール関連

受信トレイにメールが届きません
以下を確認してください。

  • 受信トレイで分別されている「優先」と「その他」の内容を確認してください。
  • 迷惑メールフォルダーに隔離されていませんか。
  • 受信トレイのフィルター機能によって以下の原因でメールを見つけられていない可能性があります。
    • 表示するメールを限定している
    • 表示順が日付の昇順になっている
    • 表示方法でスレッド表示を指定しているため、関連メールが纏まって表示されている
  • メール設定にある「ルール」により他のフォルダに移動や削除する設定をしている。
  • (スマートフォン用のOutlookメールアプリを使用している場合)その他フォルダーに分類されている。

 

◆「迷惑メール」フォルダにメールが分類されている場合

受信時に迷惑メールと自動判定され「迷惑メール」フォルダへ移動することがあります。

「迷惑メール」フォルダ内をご確認ください。[スパムではありません]をクリックして、該当のアドレスからのメールを振り分けないよう設定できます。

 

また、迷惑メールと判定されないよう、メールのオプションメニューから、メールを[迷惑メール]フォルダーに移動しない設定や、ホワイトリスト方式で宛先を登録することもできます。

メールを外部ドメイン(Gmailなど)に自動転送できません
YNUメールアカウントは外部ドメインへ自動設定できません。外部ドメインへ設定した状態のまま、設定で「転送されたメッセージのコピーを保持する」のチェックを外すと、メール受信が正常に行われなくなりますので注意してください。
Outlook以外のメーラーを利用したい
Outlook以外のメーラーのご利用に関してはサポート対象外ですのでご自身でお調べください。
基本認証廃止しても利用可能なメールソフトについて
利用できるメールソフトは以下です。

  • ウェブブラウザを利用したYNUメールの送受信
  • Microsoft Outlook2016以降
  • Windows 10 , 11 に標準搭載されているメールソフト
  • MacOS X (Catalina 10.15, Big Sur 11, Monterey 12)に標準搭載されているメールソフト
Outlookのメールのバックアップをしたい
Outlookでのメールのバックアップ
YNUメールは、いつまで利用できますか?
YNUメールアカウントを利用できるのは在学・在職期間中のみです。卒業・離職すると利用できなくなります。 ※名誉教授については、こちらを参照してください。
教職員Outlook(デスクトップ版)で「このアカウントは、職場または学校が提供するライセンスのため、Outlook for Windowsではサポートされていません。」というエラーが出てサインインできない
YNUメールアカウントは身分により異なるライセンスを付与しています。このメッセージが表示される方はA1ライセンスのため、Outlook(ブラウザ版)をご利用ください。身分による権限の違いは【利用者別 システムアクセス権限表学内専用】を参照してください。 

OneDrive、SharePoint関連

OneDrive(SharePoint)からファイルをダウンロードできない。(.Zipファイルが0kbとなる)
OneDriveやSharePointからファイルとフォルダをダウンロードする際には制限が適用されます。
こちらを参照してください
OneDrive 個人用を実行していて、[ビジネスアカウント(大学アカウント)の追加] ダイアログボックスの [設定] をクリックしても、何も起こらない。OneDrive が起動しない
パソコンのレジストリを変更することで問題が解決することがあります。なお、レジストリを正しく変更しないと、深刻な問題が発生することがあります。事前にバックアップ等を行ってください。

OneDriveの同期が正常に行われない。
OneDrive をリセットすることで、同期の問題を解決できる場合があります。なお、OneDrive の設定がすべてリセットされます。

Outlook や Word などで発生するエラー(Web とモバイル版を除く)

ファイルが自動保存されない
ライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。
うまくいかない場合は、お問い合わせください
アカウント認証を何度も求められる
ライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。
うまくいかない場合は、お問い合わせください
「学校アカウントがアクティブではなくなりました」と表示される
ライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。
うまくいかない場合は、お問い合わせください
「問題が発生しました 組織によってこのデバイスが無効にされました。(エラーコード「135011」)」というエラーが出てサインインできない
ライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。

うまくいかない場合は、お問い合わせください

「問題が発生しました お客様のデバイスとアカウントをWindowsに登録できませんでした。組織リソースへのアクセスが制限されている可能性があります。(エラーコード「CAA301F4」)」というエラーが出てサインインできない
「完了」や「続行」のボタンが表示されている場合は、そのボタンを押下しご利用ください。前段の手順で解決しない場合や、ボタンが表示されていないときはライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。

うまくいかない場合は、お問い合わせください

「問題が発生しました お客様のデバイスとアカウントをWindowsに登録できませんでした。組織リソースへのアクセスが制限されている可能性があります。(エラーコード「CAA50024」)」というエラーが出てサインインできない
「完了」や「続行」のボタンが表示されている場合は、そのボタンを押下しご利用ください。前段の手順で解決しない場合や、ボタンが表示されていないときはライセンス再認証が必要です。こちらの手順をお試しください。

うまくいかない場合は、お問い合わせください

「アカウントを確認できませんでした」というエラーが表示される(右上のアカウントアイコンに"!"の警告マークが付いている)
サインアウトし再度サインインしてください。解決しない場合はこちらの手順をお試しください。

うまくいかない場合は、お問い合わせください

「アカウントでは Mac での編集が許可されていません」というエラーが表示される(Macの場合で、Word,Excel等のメニュー下に表示される)
Macについては、こちらを参照してください。

複数メンバーで利用するメールアドレスがほしい

教職員複数のメンバーで共有して利用するメールアドレスがほしい
Microsoft 365のグループアドレスか、YNUメールアカウント(団体用)がご利用いただけます。YNUメールアカウント(団体用)を確認してください。

グループアドレス

教職員グループアドレスの編集や削除が行えない
グループアドレスの編集や削除は所有者が行えます。所有者が退職等でいなくなりグループの編集や削除が行えなくなった場合は、お問い合わせください。

その他

Microsoft 365製品のアドインプログラムを使いたい
Microsoft 365製品のアドインプログラムは申請制です。
表示名を変更したい
Microsoft 365の仕様により、ユーザー自身がYNUメールの表示名を変更することはできません。表示名変更申請フォームから申請してください。
Visual Studio,Visioを使いたい
Microsoft Azure Dev Tools for TeachingによってVisual Studioの利用が可能です。
Microsoft Azure Dev Tools for Teachingで製品を利用していたら、「評価期間は終了しました」と警告が表示される
Microsoft Azure Dev Tools for Teachingダウンロード・インストールマニュアルの手順を確認し、プロダクトキーを入力してください。
デバイスを無効化してしまいYNUメールアカウントでサインインできなくなった
下記の手順を試してもうまくいかない場合はお問い合わせください。

  1. [スタート メニュー] より歯車マークの [設定] をクリックします。
  2. [アカウント] - [職場または学校にアクセスする] をクリックします。
  3. 職場または学校アカウントにライセンス認証を行うアカウント情報が表示されているか確認します。
  4. サインアウトを行うユーザーアカウントを選択して [切断] をクリックします。
  5. PCを再起動します。
YNUメールアカウントのA3,A1とはなんですか
Microsoft365のライセンスの種類です。Office製品を使用できる環境が異なります。A3はブラウザ版・デスクトップ版を利用でき、A1はブラウザ版のみの利用となります。詳細はMicrosoft公式ページをご覧ください。
教職員非常勤講師にA1ライセンスを薦める理由を教えてください
非常勤講師にはコロナ渦以前はA1ライセンスを付与しておりましたが、コロナ禍の特例対応としてA3ライセンスを付与しておりました。
A3ライセンスは有償でありライセンス数にも限りがあるため、当センターではA1ライセンスの利用を薦めております。
大学経費で購入したPCならば、Office2021等をインストールし利用できます。
こちらから申請してください
教職員退職後、YNUメールアカウントは使えますか?
YNUログインID・YNUメールアカウントは在籍中のみ利用可能なアカウントですので、退職すると利用できません。ただし、名誉教授に限り、退職されてから5年後まで利用できます。詳細はこちらをご覧ください。
教職員退職後に異なる職種で働くが、YNUメールアカウントはそのまま使えますか?
退職後にすぐに採用される場合はそのまま利用できます。ただし、所属部局のアカウント担当者から当センターへの申請が必要となりますので、各部局のアカウント担当者にご確認ください。
解決しない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。

, , , , , , , ,