【7/14更新】Windows10+ウイルスバスターの問題について

Windows10 + ウイルスバスターコーポレートエディション 環境下でのパフォーマンスダウンの問題について
Windows10環境下において、Windows10標準搭載の「Windows Defender」と本学が教職員・学生に配布している「トレンドマイクロ社のウイルスバスターコーポレートエディション」の双方が有効になっている場合、PCのパフォーマンスが低下することが確認されています。

 

 

<以下7/14更新>

トレンドマイクロのアップデート対応により解消しました

トレンドマイクロより本現象の原因と対応方法が公開されたため、7/13(木)、本学のウイルスバスターサーバをアップデートして対応しました。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1117480.aspx (旧ご案内ページ)

https://appweb.trendmicro.com/supportNews/NewsDetail.aspx

 

【ウイルスバスターがインストールされている場合】

学内ネットワークに接続されていれば、次回PCが起動した際自動でアップデートされます。

手動でアップデートする場合は、学内ネットワークに接続後、タスクバーのアイコンを右クリック→「今すぐアップデート」から行ってください。

(注)自動・手動ともにアップデート完了までしばらく時間がかかる場合があります

タスクバーのアイコンを右クリック→「コンポーネントのバージョン」で表示される『クライアントのバージョン』が”11.0 6396″以上の場合はアップデートが適用されています。

【ウイルスバスターを一度アンインストールしている場合】
ウイルスバスターを再度インストールしてください。

ウイルスバスターの学内配布

https://www.itsc.ynu.ac.jp/security/vb_haifu.html